英会話ができるようになりたいは、英会話の情報サイトです

英会話上達のコツ

英会話「英会話ができるようになりたい」と切に願う人は多くいると思います。現在仕事で使うから、将来必要になるから、旅行の時に役に立つから・・と、その理由はさまざまです。しかし社会人の人ならば、中学、高校と最低でも6年は英語の勉強をしているはずです。それだけ長い間勉強をすれば誰でも英語が簡単に話せるようになっても良さそうなのですが、英語ができないと悩んでいる方が多いのが現実です。これまでにたくさんのお金や時間をかけて勉強した人は多いでしょう。しかしお金や労力をかけたわりには思ったような効果が得られず、挫折してしまった人も多いと思います。
では、それは一体どうしてなのでしょうか。
そこで、今日は英会話ができる人とできない人の違いを考えながら、英会話の秘訣を見つけたいと思います。
まずは、どうしたら楽しく見につけられるかということを考えてみましょう。語学の勉強をする一番の楽しみは、コミュニケーションをとりたいということなのだと思います。ですので、人が好きな人でおしゃべりが好きというのは、語学の上達が早くなるのです。完璧な英語でなくても、とにかく人と話をしたいという気持ちは相手にも通じるからです。
これを意識することで、確実に英会話は上達するでしょう。
次に「恥ずかしさを捨てられるかどうか」です。これは、間違いを恐れないということです。例えば赤ちゃんを見ていても、最初から完璧に話せるわけではありません。しかし、赤ちゃんは「間違えたらどうしよう、恥ずかしい」とはきっと思っていないと思います。その証拠に覚えた言葉を、ただひたすら懸命にしゃべっています。
英会話についてもきっと同じです。間違いを恐れて、「もう少し完璧になってから話そう」という姿勢でいると、なかなか上達しないのです。
しっかりと自分の意見を言えるかどうかも重要です。日本人には、なかなか自分の意見をはっきりと言える人が少ないと言えます。しかしそもそも、英語ができるようになりたい理由を考えてみましょう。色々と理由はあると思いますが、共通して言えることは、自分の言いたいことが言えて、相手の言っていることが理解できるようになりたい、ということだと思います。自分の言いたいことがきちんと言える人は、そういう意味で、英語の上達も早いのです。とにかく、文法など気にせずに言いたいことを言った方が、相手に伝わりやすいのです。
また、常にその言語に触れるという努力も必要です。語学ができる人は必ず、常にその言語に触れています。まとまった時間でなくても、少しずつでいいのです。その言語の新聞や雑誌を読む、またはDVDで映画を観るなど、日常的にその言語に触れるようにすることは大切です。1週間に1度だけたくさんの時間を勉強にあてるよりも、毎日少しでもその言語に触れるという努力の積み重ねが重要なのです。
このように、英会話上達の秘訣はたくさんあります。まずは、英語を勉強すると決心をし、第一歩の行動を起こしましょう。恥をかくことを恐れずに。そこから新たな世界が始まるのです。

このページのトップへ

Copyright(C) 英会話ができるようになりたい All Rights Reserved.